banner

シミを消したいアナタへ

顔に気になるシミがある人にとってはかなり切実な問題です。

シミのできやすい体質は、色白で、日焼けしにくく、キメの細かいもち肌、乾燥気味の肌。どちらかといえばキレイな肌の人。

そういう人は、若いときはトラブルがないため、日焼け止めを使わずに紫外線を長時間浴びても気にしなかったという人も多いんだそうです。

今、そのツケが回ってきて悩んでいる人が多くなっています。

シミを取るときに、みんながまず最初に考えるのはレーザー治療です。

レーザー治療は、薄いシミの場合あまり効果が無く、濃いシミの人は大小を問わず向いているといいます。

ですが、シミによってはレーザーはよけい濃くなるかもしれない人がいるんだそうです。

このサイトでは、レーザー治療の体験談を含め、シミが消える化粧品について紹介していきます。

アナタのシミはどのタイプ?

では、シミが消える化粧品など、ケア方法を紹介するまえに、アナタのシミがどのタイプがチェックしてみてください。

シミのタイプによって、悩みの度合いや、ケア方法も少し違ってくる場合があります。

あくまで主観的なもので良いので、下のタイプから選んでみてくださいね。

もちろん、全部当てはまる・・・という人は、全部のタイプをチェックしてみてくださいね。

このサイトでは、シミをタイプ分けするにあたり、みなさんが気になる度合い「シミの大きさ・濃さ」で分け、それぞれのシミのケア方法について考えてみることにしました。

シミのタイプは以下の4通りです。ご自分に近いシミの番号をクリックしてみてください。

1.小さくて薄いシミ
シミ予備軍?

小さくて薄いシミタイプ

2.小さくて濃いシミ
そのシミ肝斑かも。

小さくて濃いシミタイプ

3.大きくて薄いシミ
案外やっかいなシミタイプ。

大きくて薄いシミタイプ

4.大きくて濃いシミ
シミで悩んでいるアナタへ

大きくて濃いシミタイプ

Copyright(c) 2014 crescent All Rights Reserved. Designed by o2BusinessTheme